舞台・30代未婚女性・生きるということ ---衣装の仕事を通して---

先日、近藤芳正さん主演の「斜交」という舞台を観に行った。

 

声をかけてくれたのは、

販売時代のお客さんであった、通称むっちゃん。

 

久しぶりに会ったむっちゃんは、

待ち合わせた場所で、ぜんっぜん気づけず、

恐らく半径2メートル以内に居ただろうに、

どこにいるかわからないので電話までかけた。笑

 

なぜ、気がつかなかったかは、

また後ほど・・・。

 

 

 

公演があったのは草月ホール

青山の空気を久しぶりに吸った!

 

演者さんが観に来ているのだろうか、

はっとするくらいきれいな女性がいたりして、

始まる前からわくわく、そわそわ…。

 

この舞台の元になったのは、

日本で実際に起きた「吉展ちゃん誘拐事件」。

法律を変えてしまうほど、

世の中に与えた影響が大きかったようだ。

 

人によって、この作品を観たときに、

何に心を捕らわれるかが違うのだろう。

 

観終わって第一声、むっちゃんは

「犯人に全く共感できなくて、

感情移入も、なにもなかったんだけど!」

という感想だった。

 

 

犯人は貧しい家に生まれ、

貧困のため靴さえ買えず、

足のあかぎれが化膿したことが原因で

足を引きずって一生を過ごすことになる。

 

まともな仕事に就こうともうまくいかず、

借金まみれとなって、

誘拐事件を思いついたようだ。

 

 

この、救いようのない事件に

なにか教わろうとするのならば、

 

自分自身が壁にぶつかったときに、

どう乗り越えていくか。

 

それによって、人生は大きく変わること。

また、自分を信じきれず自暴自棄になることは

自分だけでなく、

他の誰かも傷つけてしまうのではないか。

ということだった。

 

 

今は人気のある華やかな俳優さんでも、

名前が売れず貧しかった時代は、

ゴミになるパンの耳をもらってたとか、

たんぽぽを食べてたとかっていう話を聞くし、

 

いつ報われるかはわからないけど、

諦めたらそこで終わりなんだなと。

諦めないで、自分を信じることが

成功するための絶対条件なんだと。

 

 

そんなことを思いながら、

舞台を観終わり、むっちゃんと

ちょっとごはんでも食べに行こう

という話になった。

 

 

ちょっと話がそれるけど、

周りがどんどん結婚していくなか、

30歳になったら自分のスキルでうんと稼いでやる!

と決め込んで、まったく違う業種に飛び込むも、 

ここ最近は、

年齢とスキルのギャップに落ち込む日々だった。

 

ブログを更新できていない間に

どんなに自暴自棄になっていたことか。笑 

 

職場の同僚(20代)がトイレで

「30歳過ぎて結婚してない人は、どこか欠落していると思う」

と話していて、トイレから出られなくなった日もあるよ。笑

 

むっちゃんは、38歳。

私と同じく未婚。

もともとは美術さんだったのを

意を決して衣装さんに転身。

  

むっちゃんの魅力のひとつは、

理不尽なことは許せない。

自分が正しいと思ったら、

どんな立場の人にでも言っちゃう。

 

媚びを売るのが苦手。

誰に媚びを売れば、

その現場でうまくいくなんてわかっている。

だけど、絶対に売らない。

 

コネが90%なんじゃないか

って思うくらいの業界なのに、

その信念を絶対に曲げない。

 

だけど、むっちゃんもそれで悩んだようだ。

私は、自分と境遇がものすごく近いと感じたし、

言ってることが、とてもよくわかった。

 

信念を曲げずに居たい。

だけどこのままの自分では食っていけない。

変わらなきゃ。

強みをとがらせなきゃ。

という状況であること。

 

そして彼女は、洋服を作りだした。

この日、作った服を着ていた。

 

そう、待ち合わせ場所で、

むっちゃんを全然見つけられなかったのは、

着ている洋服から、髪型や振る舞いも、

雰囲気が変わったことと、

その決意というか、生き様がまとう空気を変えたのだ。

 

むっちゃんは衣装と呼ばれるスタイリストのような

仕事をしているけど、パターンナーでも、

デザイナーでもないので、洋服を作れるというのは

すんごいことなのだ。

 

感動して写真をたくさん撮らせてもらったので、

すこし紹介したいと思う。

 

 

f:id:tassany:20171212012919j:plain

 

f:id:tassany:20171212012956j:plain

 

f:id:tassany:20171212013023j:plain

 

f:id:tassany:20171212013049j:plain

服飾の学校とか通ってないのに、

自分でパターン勉強して、

デザインを考えて、

自分で縫製して、

それでオーバーオールを作っちゃった。笑

 

いろんな話をする中で、

お世話になった人に

ジャケットを作ってプレゼントした。

って言ってたけど…

 

普通学校通っててもジャケットなんて

超難しいよ!笑

 

これからが楽しみ。