アクセサリー制作 ---ミモザのいたずら---

どうも、こんにちは。

といっても、日曜の夜分に
近くのファミレスでブログを更新しているsanyです。

ここ数日、あたたかい日が続いて、
春の到来を感じます。

みなさんは、
もらうと嬉しいお花や
見てるとワクワクする花はありますか?

急に乙女な質問ですが、
私は圧倒的に大好きなお花があります。

それはミモザです。

なんでだろうか、
あの、元気で健気で優しいお花って
この世に他にあるの???

ってくらい、いつの間にか好きになっていました。

お花に限らず、大好きなもの、こと、ひとって
元気をくれますよね。

このアクセサリーをてにしてくれた人が、

元気に過ごせるように…

前向きになれるように…

今日も、心をこめて作ります。

材料

これまで作ってきたアクセサリーは、
おうちにあったアクセサリーを、
ほどいて、再生したものでした。

でも、今日ご紹介するのは、
完成品をなんとなく想像して、

イチから材料を買いつけたものです。

正直、こうやって材料を買ってくるのは
久しぶりなんですよね。


それでは、ご紹介します。




f:id:tassany:20180304214522j:plain



f:id:tassany:20180304214550j:plain



f:id:tassany:20180304214610j:plain



f:id:tassany:20180304214631j:plain




何を作るかと言うと…

そうです。今回のアクセサリーは
ピアス。
私が一番好きなアクセサリーです。

普段は、フックタイプのをよくつけますが、
(デザイン的にスッキリするので
 デザインをじゃましないから)

今回なぜキャッチつきのにするかと言うと、
なくしたらショックだから!!笑

冬はマフラーをするので、
ひっかかってなくすことが多く、
お気に入りのがつけられなかったりします。

キャッチタイプのならつけるのにーーー!
っていう日が多かったので、
このタイプにしました。
横から見ると、ここに輪っかがありますね!

f:id:tassany:20180304214650j:plain

さて、どんなアクセサリーができるでしょうか…

お楽しみに…★

クラウドファンディングの説明会を受けてきます! ---アクセサリー制作を極める!?---

みなさま、ご無沙汰しております。

さにーです。

 

ブログの更新もおろか、

はてなブログさえログインできない間、

いろんなことがありました。

さて、今日のメニューはこちら

気になるところだけでも、

ご覧頂けると嬉しいです!!! 

 

 

ここ最近のさにーはん

まずは、体調!

インフルエンザA型になり、

症状が収まったと思えば、

気管支炎で咳喘息になり、

つらい咳が1ヶ月くらい続いてました。

やっと咳が出なくなった…。

長かった…(;_;)

 

f:id:tassany:20180211183303j:plain


当たり前だけど、健康でいて、

好きなことを自由にできることに

感謝しなくちゃと、改めて思いました。

 

そして、体質改善と、ダイエットのため

会社の先輩や同僚達に導かれ

筋トレを始めてみたり。

 

療養中、しっかりとお酒を飲めなかったので、がっつりとお酒を飲んで、はしゃいだ勢いで、カラオケに行き、東京事変大好きな人を発見してテンションが上がったり。

 

このブログがお客さんの目に入り、

一時私のなかで騒然となったり。笑

 

他にも、もろもろありましたが、

割愛します。笑

 

 

クラウドファンディングは気になっていたけど…

まだ、出資してもらえるような

特化した技術はないし、

得意なことがあっても、

自信を持てるものはない。

人様にお金を頂くような覚悟も、

正直なところ、固まってない…

 

そんなわたしに、

クラウドファンディングはまだ早い。

と思っていたのです。

 

ところが、先日…

久しぶりに会った販売員時代の後輩に、

フリーランスに憧れていることや

「年収1000万円稼ぎたい!」

という気持ちを話したところ、

会わせたい人がいる!

と紹介してくれた人がいました。

 

「OLから独立して個人事業主となり、人望が厚く、とても素敵な人なんですぅっ!私は、すごく憧れていて、その人と会うと、背筋が伸びてしまうんです!!!

だから、一度話を聞いてみては、どうですかっっっ?!?!」

 

後輩が、ものすごく熱かったので、

実際に会わせて頂くことにしました。

 

そして当日、ドキドキしながら

とあるカフェで待ち合わせ…

颯爽とカフェに入ってコートをひるがえし(私のイメージ。笑)、さっと荷物を置いて、早速コーヒーを注文し、席に戻られたら開口一番…「クラウドファンディングやりたいんだよね?」

(おおおっと!?笑)

 

f:id:tassany:20180211183343j:plain


後輩よ、

事前にどういう話をしたんだ。笑

と内心面喰らって、

横にいる後輩を見ると、

「興味があるんですよねぇ♡???」

とにっこり笑顔。

 

もう、どうにでもなれ!

と面接のような時間を過ごし、

いろいろお話を伺って30分ほど経ったころ、

「じゃぁ、なにかあったら〇〇ちゃん経由で連絡ください~!」

(※〇〇ちゃん=後輩の名前 )

と、颯爽とお店を出て行かれました。

 

 

というわけで…

説明会は今日!あと数時間!

家を出て、電車で会場に向かっているところです。説明会の感想については、またブログで、お伝えしようと思います!

 

f:id:tassany:20180211183502j:plain


それでは三連休お休みの方も、

お仕事の方も、充実した一日を

お過ごしください…

 

えんじょいよあうぃーけん♡♡♡

アクセサリーをリメイク ---シルバーと紅と白い石---

ひさしぶりにアクセサリー制作。

以前、蚤の市でげっとした

こちらの記事でご紹介したアクセサリーを使って


tassany.hatenablog.com



制作過程を載せようと思います。



まず、もともとネックレスだったものから

このパーツだけ

f:id:tassany:20180126000058j:plain



そして、このピアスの丸カンと

フックのところだけ使います


f:id:tassany:20180126000117j:plain



こちらも、以前ブレスレットだった

パーツのひとつ

f:id:tassany:20180126000139j:plain



この蝋びき糸を使います

f:id:tassany:20180126000157j:plain



撚りをほどいて細くします

f:id:tassany:20180126000212j:plain



糸を三度結んでたまを作ったら
白い石を通して
シルバーのパーツに通します

こういう感じ






f:id:tassany:20180126000234j:plain


たまから出てる糸をカットし

束をフックに通したあと、結びます



f:id:tassany:20180126000252j:plain


糸をほぐします


f:id:tassany:20180126000312j:plain



そしたらピアスからとった丸カンで


f:id:tassany:20180126000331j:plain



こんな風に固定します


f:id:tassany:20180126000356j:plain



完成です




f:id:tassany:20180126000413j:plain






●おまけ●


f:id:tassany:20180126003347j:plain

40年ぶりの大寒波だったそうですね。
給湯器が凍結して散々な一日でした。

もう寿命なのでこの際交換しちまおうと。

工事費11万円だって。
…つれーよ。笑

この写真にはポストと
外灯が写ってるはずなんだけど、
すっかり雪にうもれてます。

外灯が、ちょっとミニかまくらみたいでかわいい。

どうか風邪などひかないように
あたたかくしてお過ごしください。

それでは、また。

ワークショップ開催…もこもこの毛で遊んだよ!(後篇)---in 新宿のカフェ---

2018年、あけましたーーー!


今回の記事はすこし長いのと、
タイトルとは関係ない私の想いを
思い切り綴ってしまったので、笑
興味のない方は以下のメニューより
ワークショップの段まで読みとばしてください。

正月はこんなこと考えてました

アンニュイモードにムチ打つため、
ここ数日はプロブロガー「あんちゃ」さんの記事を
むさぼるように読んでました…

www.mazimazi-party.com


ついに本も出版されたそうです!
すごいよ~本出すとか夢ーーー!
こちらも近々読もーー。

www.mazimazi-party.com



今後、どうやって生計を立てて行くのか、
自分の生きる意味や目標はなんなのか。
あーでもない、こーでもないと
考えに、考えあぐねていました…。


そして、正月休みは都内に出かけてみるも、
盛り上がるショップのセールに見向きもせず、
本屋さんに足を運びました。
(本当は必死に心を無にし、通り過ぎたのでした)


私はいったい、何をしたいんだ?
を見つける材料として
ITビジネスなんちゃら、
という本をGETしてみたり。


 安定を求めている人だっている。
 だけど、私はそうではない。


 一軒家がほしい人がいる。
 だけど、私はそうではない。


 パクチーが嫌いな人がいる。
 だけど、私はそうではない。


そして、決意

目標のために、次のステップへいこう。

その言語、スキルを習得するために、
仕事をしながら、自分の時間をマネジメントし、
いかに勉強に充てる時間を作れるか。
にかかっている!
それが、この正月中に出した私の答えでした。


なので、2018年、
私はこの生活リズムを習慣にします。


  5:30起床
  1:00就寝


フリーランスになって、時間にとらわれず
柔軟に仕事ができる環境を手に入れるため、
今は修業期間として、一度決めたことをやりぬく。


みなさま…
どうか、応援して頂けると嬉しいです。



はい。ここからやっと、
タイトルにそった記事を書きます。笑

ワークショップ(後篇)

前回、たけのこさん(id:shi-shi-shimane)と
初のワークショップを開催した記事を
書かせて頂きました。


後篇となる今回は、
私が作った作品もご紹介したいと思います。


前篇では、ふわっふわの毛から、
フェルトにするための苦心している姿が
垣間見えたと思います。笑


友人の一人は、縮むことを見越して
大きめにルームシューズの型を
作ったはいいものの…


 「…ん?
  思ったより縮まない…。

  これじゃ旦那にとられるーーやだー!」


 笑。


というわけで、先生が本領発揮!
助っ人に入って、友人の作品に魔法をかけます☆彡



ぎゅっぎゅっ

f:id:tassany:20180107105613j:plain


おおーーー!
みるみる縮んでいくー!!


そんな先生のテクニックを横目に、
作業量に余裕のある、バッグを選んだ私は、
カメラ小僧になってパー子よろしく、
友人たちを撮影したり、
のんびりコースターづくりを楽しんでました。笑


これが、私が作ったコースターだーー!


どーん!

f:id:tassany:20180107124609j:plain


いちおう、お花なの…

お花に見えるでしょ(=^ェ^=)?
ね?ね??

…だってこれが初めての作品なんだもんー


先生は、いきなり形あるものを作る!となると
ちょっと難しいだろう…ということで、
気を利かせてくださり、
まずは、練習も兼ねて、コースターを作る。
という工程を用意してくださったのです。

すてき!!
ほんとその工程があってよかった。笑


さて、私の本命であるバッグというと、
パシャパシャとパー子さんになっていたため、
途中経過の写真がありません!

なので、すでに形が出来上がって
乾燥中の写真しか残っていませんでした!笑

…さぁいきますよ!!
 心の準備はいいですか…?


どどーーん!!

f:id:tassany:20180107105649j:plain


逆さ干し中でーす!笑

ビニール袋敷いちゃってるし、
まったく色気がありません!!



なので、おうちでしっかり乾燥させて、
以前、記事にしたオリジナルのアクセサリーと
古着屋さんで見つけたバッチで
色気を出してみました。。。






f:id:tassany:20180107105719j:plain




だいぶ、はみ出てますが、
これくらい中に入ってます
↓↓↓

f:id:tassany:20180107105747j:plain




ここまで
読んでくださってありがとうございます!




私はそろそろ、
今年初の出勤に向けて、
精神統一を始めます。笑


みなさまにとって、
リラックスできるよき1日となりますように…

f:id:tassany:20180107130354j:plain



またね~(*´з`)

SEの仕事の話と2017年の振り返り ---キャラクターを描いてみた---

 

もう2017年も終わろうとしている。

新しく2018年が始まるよ。

 


 

私は今年の夏に転職した。

 

新しい業界に転職し、成功することは

並大抵の努力では達成できない。

 

言葉で聞くと

そりゃそーだ。

と思うだろう。

 

私も思っていた。

だけど、自分が想像していた以上に

自分が越えなければいけない山は、

いろんな意味で高かった。

 

 

私が携わっている開発

かなりでかい。

 

どんな開発かって、

ざっくり言うと、

 

 既存のシステムを大リニューアル!

 ついでにいらない装置も棚卸して、

 こんな新しい装置を導入しよう。

 よし、イチから作り直し!!

 

みたいな感じ。

 

だから、まずは既存のシステムからお勉強。

既存のシステムは

いくつもの機能から成り立っている。

 

そのシステムを例えてみると、

例えばレストランだ。

 

ユーザー=お客さん

だとすると、

 

システム=レストラン

となる。

 

システムが稼働するためには、

いくつもの機能が連携しなければならない。

 

 

機能をレストランで例えると…

 

運搬会社:料理の材料を届ける機能

キッチン:料理を作る機能

ウェイトレス:直接料理をお客さんに届ける機能

 

それに加えて、機能とは別に

実現するための環境=お客さんが座って食べれる空間

 も必要。

 

ひとつでも欠けたら、そのシステムは成立しない。

そんな感じ。

 

 

その既存の機能がバカでかく、

できるだけ楽しく理解するために、

ひとつひとつの機能をキャラクターにしてみた。笑

 

f:id:tassany:20171229141653j:plain

 

レストランだと

もじゃもじゃ頭くん:お客さん

メガネくん:キッチン

おだんごちゃん:ウェイトレス

走ってるくん:運搬会社

 

あ…一人余っちゃった。

わかった!

 

四角くん:販売促進係。笑

 

 

 

 

なやみ

こんな環境チャンスなんだろう。

恵まれているんだろう。

だけど、私はネガティブになっている。 

プライベートでも悲しいことがあった。

 

 

 会社のトイレで泣き

 帰り道でも泣き

 朝起きても泣く

 

 

2017年。

私、よくがんばったよね。

 

 

 

 ごあいさつ

 

私のブログを読んでくださったみなさま

2017年のお付き合いありがとうございました

2018年は、楽しい輪を広げられる年にしたいと思います

これからも、あたたかく見守って頂けると嬉しいです

 

来年も、どうぞ、よろしくお願いします

それでは、よいお年を…

また2018年に(*´-`*)/"

 

●おまけ●

f:id:tassany:20171229141638j:plain

ワークショップ開催…もこもこの毛で遊んだよ!(前篇)---in 新宿のカフェ---

ブログでの出逢いは不思議です


実は、先日…
私がたまたま読者登録していた
たけのこさん(id:shi-shi-shimane)に先生になってもらい…

なんと!
ワークショップを開いてもらいました!!


きっかけは、たけのこさんが趣味で作られていた
ルームシューズやトートバッグがかわいくって…

www.amazing-takenoko.com

私がなにげなく、ブクマで
「ワークショップやったら面白そう!」
とつぶやいたことから、

「じゃぁやりましょう!」
となったのです。


こんなスムーズに行かないよね、ふつう。笑


お会いしてみて納得。
たけのこさんは、長身でおだやかな話しぶりからは
想像できない、パワフルな行動力の持ち主。

これまでのご経歴や、仕事に対する情熱を聞いて
とても信頼できる方だと確信し、
安心して先生になってもらえる方でした。


よかったら、たけのこさんのブログにも
遊びに行ってみてくださいね!

ちなみに私が作ったのはミニトートです♪♬
先生の作品はこちら

www.amazing-takenoko.com



さて、やろう!と決めたのはいいものの、
私も、たけのこさんも、初ワークショップ…。
なにもかもが手探りです。


まずは、ワークショップが開ける場所探し…
www.instabase.jp

私がお世話になっているストアカでも探せるみたいです。
www.street-academy.com


あーでもない、こーでもないと
やりながら、東新宿のカフェに決定!

お店に下見へ行ったり…
この色がいい!というわがままを言って
お店から毛を取り寄せて頂いたり…

www.ananda.jp


なんどかやり取りをしてついに決行!
私の専門学校時代のお友達が参加してくれました!


私が取り寄せてもらったのは、
ターコイズとベージュ

f:id:tassany:20171223111838j:plain
ふっかふか~
犬や猫を愛でているような
幸せな気持ちになります。笑


自分が作る作品によって分量が違うので
先生があらかじめ作ってくださった
レシピにそって毛を量ります

f:id:tassany:20171223111859j:plain


次に型作り
友人たちはルームシューズを作るので
足のサイズを測っています

f:id:tassany:20171223111921j:plain


測り終わったらハサミでチョキチョキ…

f:id:tassany:20171223111936j:plain


型ができたら、その上に大き目に
毛をすこしずつちぎって、しいていきます

f:id:tassany:20171223112012j:plain


トレーにぬるま湯と、洗剤をいれ
毛をなでなで、ごしごしして
フェルトにしていくのですが…

f:id:tassany:20171223112031j:plain

これが、コツをつかむまで
難しい…。
初めての体験なので、
みんな、おっかなびっくり。笑

このやり方であっているかな…?
と不安になりながら、こねこねします。

しかもこれが、けっこう腰にくるんです!
初めは「うんしょ!うんしょ!」
と力強く作っていたのですが…

f:id:tassany:20171223131244j:plain


後半はバテて、椅子に座りながら作りました。笑



・・・今日はここまで

はばわんだふぉーうぃーけん!

舞台・30代未婚女性・生きるということ ---衣装の仕事を通して---

先日、近藤芳正さん主演の「斜交」という舞台を観に行った。

 

声をかけてくれたのは、

販売時代のお客さんであった、通称むっちゃん。

 

久しぶりに会ったむっちゃんは、

待ち合わせた場所で、ぜんっぜん気づけず、

恐らく半径2メートル以内に居ただろうに、

どこにいるかわからないので電話までかけた。笑

 

なぜ、気がつかなかったかは、

また後ほど・・・。

 

 

 

公演があったのは草月ホール

青山の空気を久しぶりに吸った!

 

演者さんが観に来ているのだろうか、

はっとするくらいきれいな女性がいたりして、

始まる前からわくわく、そわそわ…。

 

この舞台の元になったのは、

日本で実際に起きた「吉展ちゃん誘拐事件」。

法律を変えてしまうほど、

世の中に与えた影響が大きかったようだ。

 

人によって、この作品を観たときに、

何に心を捕らわれるかが違うのだろう。

 

観終わって第一声、むっちゃんは

「犯人に全く共感できなくて、

感情移入も、なにもなかったんだけど!」

という感想だった。

 

 

犯人は貧しい家に生まれ、

貧困のため靴さえ買えず、

足のあかぎれが化膿したことが原因で

足を引きずって一生を過ごすことになる。

 

まともな仕事に就こうともうまくいかず、

借金まみれとなって、

誘拐事件を思いついたようだ。

 

 

この、救いようのない事件に

なにか教わろうとするのならば、

 

自分自身が壁にぶつかったときに、

どう乗り越えていくか。

 

それによって、人生は大きく変わること。

また、自分を信じきれず自暴自棄になることは

自分だけでなく、

他の誰かも傷つけてしまうのではないか。

ということだった。

 

 

今は人気のある華やかな俳優さんでも、

名前が売れず貧しかった時代は、

ゴミになるパンの耳をもらってたとか、

たんぽぽを食べてたとかっていう話を聞くし、

 

いつ報われるかはわからないけど、

諦めたらそこで終わりなんだなと。

諦めないで、自分を信じることが

成功するための絶対条件なんだと。

 

 

そんなことを思いながら、

舞台を観終わり、むっちゃんと

ちょっとごはんでも食べに行こう

という話になった。

 

 

ちょっと話がそれるけど、

周りがどんどん結婚していくなか、

30歳になったら自分のスキルでうんと稼いでやる!

と決め込んで、まったく違う業種に飛び込むも、 

ここ最近は、

年齢とスキルのギャップに落ち込む日々だった。

 

ブログを更新できていない間に

どんなに自暴自棄になっていたことか。笑 

 

職場の同僚(20代)がトイレで

「30歳過ぎて結婚してない人は、どこか欠落していると思う」

と話していて、トイレから出られなくなった日もあるよ。笑

 

むっちゃんは、38歳。

私と同じく未婚。

もともとは美術さんだったのを

意を決して衣装さんに転身。

  

むっちゃんの魅力のひとつは、

理不尽なことは許せない。

自分が正しいと思ったら、

どんな立場の人にでも言っちゃう。

 

媚びを売るのが苦手。

誰に媚びを売れば、

その現場でうまくいくなんてわかっている。

だけど、絶対に売らない。

 

コネが90%なんじゃないか

って思うくらいの業界なのに、

その信念を絶対に曲げない。

 

だけど、むっちゃんもそれで悩んだようだ。

私は、自分と境遇がものすごく近いと感じたし、

言ってることが、とてもよくわかった。

 

信念を曲げずに居たい。

だけどこのままの自分では食っていけない。

変わらなきゃ。

強みをとがらせなきゃ。

という状況であること。

 

そして彼女は、洋服を作りだした。

この日、作った服を着ていた。

 

そう、待ち合わせ場所で、

むっちゃんを全然見つけられなかったのは、

着ている洋服から、髪型や振る舞いも、

雰囲気が変わったことと、

その決意というか、生き様がまとう空気を変えたのだ。

 

むっちゃんは衣装と呼ばれるスタイリストのような

仕事をしているけど、パターンナーでも、

デザイナーでもないので、洋服を作れるというのは

すんごいことなのだ。

 

感動して写真をたくさん撮らせてもらったので、

すこし紹介したいと思う。

 

 

f:id:tassany:20171212012919j:plain

 

f:id:tassany:20171212012956j:plain

 

f:id:tassany:20171212013023j:plain

 

f:id:tassany:20171212013049j:plain

服飾の学校とか通ってないのに、

自分でパターン勉強して、

デザインを考えて、

自分で縫製して、

それでオーバーオールを作っちゃった。笑

 

いろんな話をする中で、

お世話になった人に

ジャケットを作ってプレゼントした。

って言ってたけど…

 

普通学校通っててもジャケットなんて

超難しいよ!笑

 

これからが楽しみ。